ソチオリンピックと雪三昧の中で

ソチオリンピックは雪との戦いの中に始まり終わりました。
忘れられないオリンピックとなりました。
羽生結弦選手の金メダル、
41葛西紀明選手の銀メダル、日本、最多の8個のメダル獲得等と大活躍。
同時に、「されどメダル」の難しさ厳しさを目の当たりにしました。
浅田真央選手のフィギュアスケート、ストーリーは浅田真央イコール、金メダルでした。
「あの子は大事な時に必ず転ぶんだよナ」森元首相の本音ポロリが非難の的になりました。
そういう私も「ここにお母さんが生きてあったら」と、悟ったような老婆心を恥ずかしく思いました。
4年間培ってきた厳しい訓練、努力が1瞬で消え去るもので無ないことを。
それを実証、女子フリー決勝戦での浅田真央ここにありでした。
ひと回りも大きく、美しく輝いて、挑戦に挑戦を重ねたジャンプ(トリプルアクセル)も
見事に決めて演じ切りました。
あの真央ちゃんの涙、メダルより尊い涙。
選手一同に通じる、あきらめない!夢と希望を東京オリンピックにつなげたい。
世界平和を発信したいと思いました。
もう一つ、女子ジャンプで、メダル逃した
17歳の沙羅ちゃんが、世
界ワールドカップで
2連覇達成!しました。


[PR]

# by hidamari_azumino | 2014-03-05 11:07

名護市長選と東京知事選

名護市長選に続く東京都知事選です。とても無関心ではいられない。
名護市長選(
1/19)の開票速報だった。
辺野古移設反対の現職市長の当確でした。不安いっぱいの中での選挙でした。
仲井真知事が、一転、辺野古埋め立て承認のあとのこと。
勢い、政権与党は石場幹事長の名護市へ
500億円の振興基金表明!
勝つためには手段を選ばない。人間、金と力には弱い。
その誘惑にめげなかった。信じられなかった。
これがホントの民意の力というものか。
ここは「もう決めたのだから」と知事の権限に睨みをきかすより、人間仲井間知事であってほしい。
続く東京都知事選だ。脱原発は日本挙げての問題。
戦後レジームからの脱却、アベノミクスと、中身も理解できぬまま、安倍旋風が家庭の中にまで。
やっと、強い内閣総理大臣・首相の誕生と歓迎ムード。
気が付いたら、消費税の値上げ、自衛隊の武力行使、戦争ができるように憲法改正の動き。
強気がどれも弱い者いじめ。
せめて選挙だけでもと思うのだけれど、
都知事選で「私は自民党、金持ちがいい」と姉妹もいる。「政策」より、人物の好き嫌い。
さて
2月。ソチオリンピック開幕。
これも平和あってこそ!燃えたいと思います。

煩うが徒労にみえる。


[PR]

# by hidamari_azumino | 2014-02-05 10:56

美味しい りんごありがとう

おいしいりんご さっそく頂きました
太陽いっぱいに浴びた真っ赤なりんご
ありがとう
元気もらってます
長いこと議員生活をやってきました
世のため人のためといいながら
それは自分のためでもありました
わが道をまっしぐら
わがままいっぱいのこれまででした
[PR]

# by hidamari_azumino | 2013-11-24 17:38

こんな時があっていい

こんな時があっていい

ゆっくり新聞広げて
こころゆくまで

メモ取る習慣はこれからも

今日はいい日
夫婦の日だという
11月22日 晴れ

小さな畑の真ん中で
落ち葉炊きをする
こんなことあっただろうか

ふるさとの同年生から
喪中のハガキ

懐かしい

近況を便りに記す
[PR]

# by hidamari_azumino | 2013-11-22 22:58

自分だけの色

    自分だけの色

人間て 透明な絵具みたい

他の人に合わせようとして

いろんな色に変わる

でも そうなりたくない

自分だけの色を持つ

そんな自分になりたい

            さおり   平成8年8月24日

今から17年も前になる
   
 教育を語る会を結成
 元高校教師竹村先生の呼びかけだった

月1回 町公民館の1室をかりて

 大人のいじめにはじまって
・労組の争議にかかわって社内のいじめを感じた
・保育園のこどもを見て思う
  するべきことをして育っていない
  先回りする親が多い

いじめについて
不登校について

目の前の課題を
ひたすら真剣に 論じ語りあった


今の私にそれがない
お役目、仕事のうちと化していた

議員という肩書を脱いで

あの当時の情熱
まっさらなひたむきさを
手にすることができるだろうか。

書類の処分寸前の手元のノートだった
ぎっしりめもられた記録帳
生きていた

今も変わらない
いじめ不登校問題

同じであって同じでない   
それは・・・                   H25年11月20日

      
[PR]

# by hidamari_azumino | 2013-11-20 06:37